自分でクレジットカード現金化をするときのポイント

クレジットカード現金化と聞くと、業者を探すことから始まってさらに、指定された商品の買い物をして、口座へ振り込まれるのを待つという流れを思い浮かべるでしょう。

確かにネットでクレジットカード現金化のことを調べるとこうした流れがよく出てきます。
しかし自分でもやろうと思えば、自分でもできるのです。ここでは、自分でやるときのポイントを見ていきましょう。

■どんなものを現金にすべきなのか
買取をしてくれるのであれば、どんなものでも、リサイクルショップや金券ショップや買取ショップへ持ってくといいでしょう。
しかし、高額になりやすいものが実はあります。それはブランドのバックやアクセサリー、また未開封のゲームのソフト、ゲーム機、新幹線のチケット、商品券、金券などがあります。

こうしたものだと高額にもなりやすく、また入手も比較的に容易にしやすいです。買取をしてもらいやすいものと同時に、誰でも買えるもの、値段も手頃なものを探すのがいいでしょう。いかにクレジットカードで安く買えるかが鍵なのです。

■自分でするときには管理が起きる
自分でもクレジットカード現金化できますが、その場合には管理しなければなりません。つまり、まずは商品を買って、買取のお店へ持っていくまでの間、自宅に保管しなければなりません。そのため、スペースもとりますし、また運ぶための労力もかかります。
それも考えると金券やチケットなどが、管理や労力の手間もかかります。

あと、買取をしてくれるお店をあらかじめ探してから、何を持ち込むかは考えておきましょう。せっかく買っても買取をしてくれるお店が見つからなければ損してしまうからです。
また、この金券はここ、このゲーム機はここ、このブランドのバックはここというようにお店も使い分けれたら効果的かもしれません。行きつけを作ると、より高額になるかもしれません。

■クレジットカードの使用はほどほどに
高額にもなるかもと、たくさん金券やチケットを買いすぎたり、買う頻度がおおすぎたりすると、クレジットカード会社から目つけられるかもしれめません。

そうならないためにも、数や頻度にも気をつけましょう。

関連記事