悪質なクレジットカード現金化の手口

どんなところにも悪質な業者が存在しています。特にクレジットカード現金化は消費生活センターが、金利として換算すると高くなることで注意喚起しています。もし被害に遭ったとしても、「悪いことをしているから」といって泣き寝入りしてしまうことも考えられます。だからこそ被害に遭わないために悪質業者の手口を見ていきましょう。

■クレジットカード現金化に違法性はない

あくまでも注意喚起というのは、消費者金融などから借りるときよりも高くなることを示しており、クレジットカード現金化そのものには違法性がありません。グレーゾーンの認識されることもあり、厳密にいえば取り締まる法がないことから、利用者が検挙されることはありません。

■悪質な業者の手口として一般的なのが手数料

審査も必要ないのがクレジットカード現金化です。しかし悪質な業者ほど、何にもわからない利用者に審査が必要と持ち掛け、手数料名目で搾取しようとするケースがあります。振込手数料も無料である業者が一般的になることから、手数料自体おかしいと感じるようにしてください。手数料があるとするなら、還元率から差し引いた分が業者の利益です。

■もっと悪質な手口は振り込まれない

手数料で搾取し肝心な還元率を下げることを悪質業者は行いますが、それだけではないことも。もっとも悪質な手口なると、還元されるはずのお金自体が振り込まれないこともあります。そうなると被害も大きくなるでしょう。まぎれもなく犯罪行為になりますので、泣き寝入りをせずに、しっかりと被害を申し出てください。その前に悪質な業者で現金化を利用しない姿勢が大切です。

■口コミで評判が高い業者を選ぼう

インターネット上にある口コミで、優良な業者の姿勢を見ることができます。その評判を頼りに業者選びをしましょう。それと一緒に創業年数が長いと、それだけ問題なく営業をしていたことになりますので、良質な優良業者の判断材料になるはずです。

関連記事