クレジットカード現金化のメリット

クジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して行うキャッシングです。
カードのショッピング枠を利用することから、ショッピング枠現金化と呼ばれることもあります。
ここでは、ショッピング枠現金化のメリットを紹介します。

■キャッシングに余裕がない人でも大丈夫です
クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用します。
クレジットカードの多くは、キャッシング機能が付いています。
ですので、わざわざショッピング枠を利用しなくても、キャッシングを使えばいいことです
しかしクレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠よりも少ないのが現実です。
そのため利用可能額いっぱいまで使用すれば、その後は使用できなくなります。
しかしショッピング枠現金化であれば、ショッピング枠に余裕があれば現金化は可能です。
このように、キャッシングが利用できない人でも利用できるのが大きなメリットです。

■消費者金融の審査に受からな人でも使えます
クレジットカード現金化のメリットとしては、審査に受からない人でも使えることがあります。
承知の通り、消費者金融を利用する時は審査を受ける必要があります。
そしてこの審査に受からないと、カードを利用できません。
しかしそのような人でも、ショッピング枠を利用できるカードがあればすぐに現金化ができます。
新たに消費者金融の審査を受けることなく、カートを利用できるのがメリットと言えます。

■自宅からでも利用できます
ショッピング枠現金化のメリットとしては、自宅から利用できることもあります。
最近のカード現金化は、業者の店舗に行かなくても利用できるようになっています。
業者の公式サイトから申し込めば、カード決済して指定した口座に振り込んでもらえます。
このように、業者まで出向かなくていいのもメリットと言えます。

■初めての方にもオススメできます
クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠があればすぐに利用できます。
ショッピング枠現金化には様々なメリットがありますので、初めての方にもオススメできます。

クレジットカード現金化のデメリット

お金か必要な時にすぐに利用できるクレジットカード現金化、実際に利用している人も少なくありません。
メリットが多いのが魅力ですが、当然デメリットもありますので注意する必要があります。
ここでは、ショッピング枠現金化のデメリットを紹介します。

■利用停止のリスク
ショッピング枠現金化のデメリットとしては、利用停止のリスクがあります。
消費者金融などで発行しているクレジットカードには、それぞれ利用規約があります。
そしてこの利用規約では、クレジットカードを現金化で利用すること禁止しています。
利用規約で現金化を禁止している大きな理由は、消費者金融の利益保護のためです。
クレジットカード現金化を認めてしまうと、現金化が目的でカードを作る人が増加するからです。
ショッピング枠現金化のサービスを利用する人たちは、消費者金融などからの借入ができない人が多いです。
消費者金融を利用できないので、クレジットカード現金化を利用しているのです。
現金化は消費者金融の利用規約に違反しますので、最悪の場合、利用停止の処分をされる可能性があります。

■悪質な業者
ショッピング枠現金化のデメリットとして、悪質な業者の存在もあります。
クレジットカード現金化はメリットが多いことでも知られていますが、そのメリットが悪質な業者のターゲットになっています。
カード現金化市場の拡大化により、この業界に参入する業者の数は増えています。
その中には悪質な業者も少なくありません。
悪質な業者を利用すると、手数料などを違法に請求されることがありますので注意が必要です。

■利用額によっては損をします
クレジットカード現金化のデメリットとして、利用額の問題もあります。
現金化の業者は、一定の換金率を設定しています。
業者が設定した換金率は、利用額に応じて変動します。
そのため、利用額が少額なほど換金率が低くなりますので、場合によって損をするケースも出てきます。

■デメリットの理解
現金化のサービスは、メリットだけでなくデメリットもあります。
そのため利用する時は、デメリットもしっかり理解するようにしてください。

[PR]即日マネー.netでクレジットカード現金化の方法をよく調べよう!